遊びの選択

室内に異なるあそびのスペースを設けて園児達がいつも選択できるようにしています。例えば、ママごと、生き物、制作、カプラ(積み木)などのコーナーを作っています。もちろん、園庭で遊ぶことも選択できます。

(全年齢)

積み木で遊ぶ子供
外で遊ぶ少年
外で遊ぶ少年

自然に触れる

(全年齢)

自然を体験するため、園バスに乗って出かけます。農業園芸センター(施設)や冒険遊び場(公園)、川遊びなど、昨年度はキャンプ場で火おこし体験も行いました。

 
 
 

給食の時間

(3.4.5歳児)

お昼の時間内であそぶか食べるかも自分で選択します。もちろん、時間内に食べ終わるよう保育士が協力します。セミバイキング形式で食べる量も自分で選べます。ランチルーム内のどこで誰と食べるかも自由に選択します。

ご飯をかきこむ子供
 
幼稚園のテーブル
幼稚園のテーブル

異年齢同室の保育

(全年齢)

大人の社会と同様に異年齢同室の保育をしています。保育士が担当する同年齢のクラス分けはありますが、2階は3.4.5歳児、1階が0.1.2歳児に分けて異年齢で共同生活をしています。早生まれや遅生まれ、体格差も気にしなくていい環境です。

幼稚園のテーブル

​振り返りの時間

(4.5歳児)

お昼寝前にみんなが輪になって座り、​午前中どんな遊びをしたか、楽しかったこと、嬉しかったこと、嫌だったことなどを発表します。他の子はそれに対して感想や意見を伝えるなど

​自分の気持ちや感情を表現する時間です

幼稚園の風景
幼稚園のテーブル
お絵描きをする少女

​思いを体験に

(全年齢)

振り返りの時間で、ある園児がポップコーンのお店屋さんをしたいとの思いを発表しました。そこでまずは、ポップコーン用のとうもろこしを育て収穫し、お金はどうするかみんなで考え、木を購入してお店を作り、そこで実際にポップコーンを作って販売しました。​当園ではそういった園児の前向きな思いを体験にします。